夫の大工仕事を手伝う若かくて逞しい甥を盗み食いする人妻

 大工の仕事をしている夫の手伝いでバイトをしている24歳の甥と。夫は職人を何人も雇うほど仕事は忙しくないので、大学を卒業しても就職先がなくてブラブラしている甥をバイトで雇っているんです。

 今どきの若い子が…と思ったのですが、体育系の大学だったので体力的には問題ないらしく、体力勝負だけなら他の職人さんにも負けないほど。仕事が終ってから、たまに夕飯を一緒に食べることがあるのですが、どことなく夫の若い頃に似ているな…と最近思うようになったんです。

 その日も家で一緒に夕飯を食べる予定だったのだが、急に夫が職人仲間に誘われて飲みに行くことになりました。酒を飲めない甥は置いてけぼり。そこで二人きり夕飯を一緒に食べることになったんです。15歳も年の離れた夫とは結婚して10年。最近では夜の営みもほとんどない。欲求不満気味だったということは否定しません。誘ったのは私のほうでしたからでした。

 甥は叔父さんにバレたらヤバいからと、必死に拒否していましたが、若い肉体は正直に反応するものです。私は服を脱いで下着姿で甥に跨がってキス。もし本気に抵抗すれば、甥の体力だから私をはねのけれたはず。でも、そうなりませんでした。

 そのまま子供の服を脱がせるように甥の服を脱がせ、硬くなった肉棒にしゃぶりつきました。私も下着を脱いで、甥の顔に股間をおしつける。ここまで来たら、もう後戻りできません。

 甥も自制心を抑えられなくなったのでしょう。私を仰向けにして体中を舐めたり揉んだりいじったり。テクニックはないけれど、獣のような猛々しさがあります。そして、たくましい甥のモノに何度も激しく貫かれ、久々に心行くまで快感を貪りました。

 それからも夫の目を盗んでは甥のモノを盗み喰いしています。もし、この事が夫にバレたら、恐らく二人ともただでは済まないでしょうね。