痴漢されない寂しさから逆痴漢するようになった痴女OL

痴漢プレイ人妻

 私、昔から痴漢に狙われやすいタイプなんです。おとなしそうに見えるから、痴漢されても騒がないと思われるんでしょうね。実際そうなんですけど(笑)

 そもそも、痴漢されるの嫌いじゃないんです。というより、むしろ好き。痴漢さんが好みのタイプだったら好きなだけ触らせてあげます。

 夏なんかノーパンで電車に乗ったりもします。スカートの中に手を入れてきた痴漢さんは、いきなり生のオマ○コに触れてビックリするみたいですね。でも「この女、触られたがっているんだ」と納得するんでしょう。いっそう大胆に触ってくれます。クリトリスがコリコリに勃起して、ものすごく敏感になってしまいます。

 上手な人に触られると愛液がどんどん溢れて、さらに気持ち良くなって声を抑えるのに必死です。一度、イカされてしまって、つい声を出してしまったことがありました。ものすごく恥ずかしくて、次の駅に着いた途端、すぐに降りて逃げましたけど。それ以来、イキそうになると手を払いのけるようにしてます。でもアソコはウズウズしっぱなしなので、会社に着くとトイレに駆け込んでオナニーしちゃいますけど。

 以前、何日も痴漢さんに会えないことがあったんです。毎朝の楽しみなのに、だんだん悶々としてきました。それで「向こうから来てくれないんなら私から……」と思ったんです。

 カワイイ感じの若いサラリーマンを見つけて接近。彼の股間にお尻を押しつけました。だんだん硬くなってくる彼のペニス。ついに上を向いてしまいました。それを後ろ手にさすってあげると「はうっ」と熱い吐息をかけられ、手のひらには湿った感触。射精してしまったようです。それ以来、痴漢さんに出会えない日は痴女を楽しむようになったんです。

 先日は大学生の男のコを餌食にしました。忍び寄ってペニスをさすると、若いだけあってすぐにビンビンです。しかもカチカチ。どうしても味わいたくなってしまいました。

「これから学校行くの? サボっちゃいなよ。いいことしよ」

 二つ返事でうなずく彼。私も会社をサボってラブホに入りました。サービスタイムで夕方まで時間はたっぷりあります。途中、出前を取ってお昼の休憩をした以外は、とにかくヤリまくりました。ちょっと早漏気味だったけど、回復力は抜群。6回もしちゃいました。

 今では男の人を誘うようにまでなってしまいましたが、でもやっぱり痴漢されるほうが好きです。