人妻との出会いはそんなに難しくない、と豪語するナンパ師の独り言その2

人妻ナンパ

 前回も書いたけど、出会いの場なんて、毎日の生活の中に幾らでも転がってる。俺に言わせりゃ出会いが無いって嘆いている人は、そのチャンスを見過ごしているんだよね。

 子供が居る人なら、学校行事に参加して下さい、って頻繁に連絡が来てると思うんだけど、それを面倒臭がっていつも奥さん任せにしてない?俺はなるべく、そうした学校行事に積極的に協力するようにしているよ。学校回りの朝の掃除とか学園祭や運動会の係員。そういった父兄のボランティアに顔を出してると、同級生の奥さんや他の学年、クラスの奥さんと顔馴染みになれるんだよね。
 ただ、ここで注意したいのが、赤らさまなナンパは厳禁っていうこと。あくまでも頼りになる〇〇君のお父さんであることが肝心なんだ。そうやって頼りになるお父さんを演じていればチャンスは向こうの方からやって来る。

 最初は他愛のない世間話から始まって、徐々にプライベートな話が出て来る。安心出来る男性と思って貰えれば、愚痴のひとつも言いたくなるのが女性なんだよね。お酒のみに行くのが好きなのに旦那は一切、飲みに連れててってくれない、みたいな話が出て来たらチャンス到来。でも、ここでいきなり『いつでも僕がお付き合いしますよ』と言ってしまうと引かれるんで、最初は『じゃあ、ここの仲間を誘って飲みにいきましょうか』みたいな話に止めておく。で、その時にLINEなどの直接やり取り出来るアドレスを交換し合って、些細な話でメールのやり取りをしながら、決定的なチャンスを作っていけば良いのです。ちなみに俺は、このやり方で3人の奥さんと割り切りセックス継続中。旦那とのセックスに不満がある奥さんほど、一回関係を持っちゃえば積極的になって情事を楽しんでくれるようになる。ポイントは互いの生活を壊さないようにすること。これが関係を長続きさせるコツだよ