スナック勤務のワケアリ奥さん座談会 「こんなお客とならヤッてもいいかも♥」

スナック妻

―― まず、みなさんはなぜスナック妻になったんですか?

中島●そりゃお金ですよ。生活がかかってますから。うちの場合、夫がリストラにあって退職金もあまり出なかったし、子供が1人いたんで困ってて、田中さんに紹介してもらってスナックで働き始めました。

田中●たまたまオーナーに女のコいないかって相談されてたんです。

―― 田中さんはスナックのママさんなんですか?

松浦●チーママみたいな存在です。私は彼女と同じ店で働いてるんですけど、お客さんの受けもいいんですよ。

田中●もともと向いていたのかも…。現在は夫と別居中ですが、彼氏もいますし。

―― やっぱり相手はお客さんですか?

田中●うーん、そうです。あんまり口外したくないけど、なんか働いているうちに夫よりも癒されちゃって。なんのために働いてるんだかねぇ(笑)

松浦●でも本当にそんな気持ちになってきてもしょうがないんですよ。だって家では夫が働きもせずゴロゴロしてて、自分の妻が働きに出てても心配するどころか家事もしてくれないし!

中島●そうそう。挙句にちょっと気に入らないことがあると「お客とデキてるんだろ」って。誰のためにってワケじゃないけど、働いてて悲しくなってきちゃいますよ。夫婦って何なんだろうって気になりますね。そんな時に優しくされたら、ホロッときてしまっても仕方ないじゃないですか。

―― ちなみに、みなさんの中で現在、お客さんと関係のある方は? あら、妊娠中の鈴山さん以外は全員ですか?

松浦●鈴山さんも前はちゃんと彼氏いたんですよねぇ。すごいカッコいい人だったのに、どうしてカレと再婚しなかったの? 旦那よりいいって言ってたじゃん。もったいないよ。

鈴山●うーん、でもねぇ、夫も夫でいいところあるから。

中島●わかるわかる。お客さんはやっぱり彼氏止まりですよね。離婚や田中さんみたいに別居をしない限り。

田中●そうねぇ、私も何人かのお客さんと付き合ってきたけど、ガッチリ私を守ってくれる今のカレに出会わなかったら、別居は考えなかったなぁ。子供の存在も大きいけど、どんなに崩れても家庭って心の中にあるもの。今は別居して、これから離婚するのに後悔はないんだけど。

松浦●いいなぁ。私もそんな彼氏に守られたいよ。でもダメだな。私の場合、セックスが一番に来ちゃうから。

―― お客さんとの初Hについて教えていただけますか?

中島●私はまだ勤めて日が浅いんですけど、交際は店に入って1ヶ月もしないうちにスタートしました。相手は3つ年上で、店の近所の会社員です。カレとはなんとなく最初から気が合って、出勤前に一緒に食事した時、夫婦関係の相談に親身になって答えてくれたことから好きになっていったかな。それで店がお休みの日は夫にウソをついてホテルヘ。今も付き合ってますけど、カレにも奥さんがいるんで、それ以上の展開はありえないんですよね。

松浦●私は恋愛感情よりも男の人の温もりかな。癒されたかったし、少しの時間でも頼りたいって気持ちが強かったかも。相手はすでに3人目ですが、みんな軽い遊びのつもりです。「夫とはいつでも離婚してやる!」という気持ちもあるんだけど、やっぱり踏み切れない。だから、お客さんとも遊びなのかも。本気になったら子供に悪いなぁってところもあるし、よっぽどHの相性でも良くなきゃね。

田中●私も何年も勤めてますからお客さんとの恋愛はよくあることで、何人目かは覚えてませんが、この人って思ったら自分から誘うようにしてホテルへ行っちゃいますね。あくまでもアルバイトなんだから客を引っぱろうとか思ってなくて、ただいいなぁって気持ちから。スナックで働いてる人妻だって、ごく普通の女なんですよ。

鈴山●私はカレと別れた後、夫と離婚してきれいさっぱり人生リセットしようとしたんです。そうしたら妊娠が発覚して、夫も仕事を決めてきてくれました。カレと夫、どっちの子とかは聞かないでくださいね。もちろん夫の子ですから。初めての子供なので夫も嬉しいらしく、前とは変わって働いてくれるようになりました。大事な存在ができると、人って変わってきますからね。

中島●私にとって店が今そうなのかも。家にいるよりも落ちつくし、お金がなくて子供にイヤな思いをさせたくないから、頑張って働いて稼ぎたいです。

松浦●私にとってスナック勤務って、やっぱり最初はお金だったけど、今は人生勉強ってところもあるかも知れませんね。