池袋デリヘルで人妻三人相手に怒涛の3連射!

4P女子

 だだでさえ「女三人集まればかしましい」と言うのに、スケベな人妻が三人集まればとんでもないことになっちゃうんですね。池袋のデリヘルで3Pやったときの快感が忘れられず、だったら4Pのほうがもっと気持ちいいだろうと思い、今度は4Pで遊んでみることにした。

 お遊び代は120分8万5000円(ホテル代別)。さすがに、料金は高くなるのだが、それでも高級ソープと同じくらいか少し高いくらい。一生に一度と思えば、これくらの出費は安いものだ。

 やって来たの三人は三十路の人妻。喋り出すとまるでオバちゃんの井戸端会議のように話が止まらない。全員で風呂に入っても、賑やかな声が風呂場に響いて、ちっとも淫靡な感じがしない。

 でも、ベッドに移って彼女らの奉仕プレイが始まると、誰がどこを触っているのか分からないくらい全身をまさぐられ、気がつくと勃起したチ○ポを嬲られている。そしてゴムを被せられると、

「最初に誰としたい?」

 と、聞いておきながら、我先に跨がって俺の上で腰を振り出す人妻。

「あら、奥まで入っているわよ。イヤらしい…」

 と言いながら、他の二人はタマを撫でたり乳首を舐めたり、キスをしたり…。

「まだイッちゃイヤよ」

 腰を振る人妻の期待にそえず、早々と1発目発射! 

 白濁液が溜まったゴムを処理したかと思ったら、別の人妻が間髪入れずにチ○ポを舐め始め、自分でも信じられない早さで復活。

「私はバックでして」

 と、四つん這いになって尻を突き出され、お望み通り後ろからズブリと挿入。他の二人にも聞こえるよう、パンパンとけたたましい音をたてながら突きまくる。

「タマタマがこんなに揺れてるぅ~」

 その様子を間近で見てはやし立てる二人の人妻。2発目はやや時間をかけて放出! そして間髪入れず三人目と、なんとか時間内に三連射達成! 三人相手するには時間が短いし、何より体力消耗し過ぎ!