渋谷発・山の手の高級美人妻が夫に内緒でアナル舐め!?

渋谷

 昨今、渋谷風俗では高レベルの人妻店が減り、在籍している女性も減り、需要と供給のバランスが崩れたせいか、料金が上昇傾向にあるという。やはり渋谷はギャルの街なのか? もはや人妻と遊ぶなら鶯谷や大塚といった街の方が良いのか?

 かくして久しぶりに渋谷の人妻デリに潜入しようと、ネットなどで特に評判のいい『C』に電話してママにお勧めの女性をお願いした。

 やって来たのは叶恭子をスレンダーにした雰囲気のJさん。ベッドに腰掛けてキスをしたあと、記者の前に正座してズボンとパンツを脱がしてくれ、なんとそのまま即尺を。こんな話聞いてないよ! それだけに気持ち良さ倍増。彼女も裸にしてこのままベッドで始めようかと思ったら、シャワーに誘われてしまった。 

 いやに入念にアナルを洗うなと思ったら、ベッドに入ると全身を舐めまくり、さらに足首からアナルまで入念に舌を這わせる。その間、ずっとチ◯ポから手を離さない気の遣い様。ビンビンになったところで攻守交代して記者が攻めに回ると、Sだと持っていたJが、カワイイ声で鳴き始めた。

 自らの両手でパックリと広げたピンク色のマ◯コは、ヘアーもほとんど剃られて8割方パイパン状態。ヌルヌルのヒダ穴に指を挿入すると、ピチャピチャ、クチュクチュといやらしい音を立ててはアエギ声を引き立てる。

「もうダメ、入れたくなっちゃった」

 そう言うとJは記者の腰に跨がり、チ◯ポに手を添えてマ○コに宛てがい、ゆっくりと腰を降ろしてくるのだった。

 ゴムを通して伝わってくる彼女の体温とヒダの締めつけ感。根元まで挿入されて腰を前後に振られると、先っぽが子宮の壁に擦り付けられるくすぐった気持ちイイ快感が伝わってくる。

「奥に当ってる、当ってるの…」

 彼女もそれを感じてアエギ声を上げる。さらにウ○コ座りで腰を上下させるとチ◯ポをしごかれている快感が。もうガマンできんと、正常位で思い切り腰を振り、高級美女にドピュッと大量に発射してやった。

 まだまだ渋谷の人妻風俗も満更ではない。遊びたければどんなにお金払ったって、行きたければ行くのが風俗ファン。ただし、払った金額に見合ったサービスは最低でもお願いしたいものである。