相互アナルファックで差しつ差されつの気持ちいい関係になれる五反田デリヘル

ペニバン

 アナルファックができるだけでなく、ペニバンで女性にアナルを掘ってもらうこともできる五反田の「相互アナルプレイ」デリヘル。60分2万3千円でSとMの両方の刺激体験を楽しむことができるというので、五反田のホテルにチェックインして体験してみた。

 やって来たのは物腰の柔らかい31歳の人妻。一緒にシャワーを浴びるために裸になると、お尻は想像以上にボリューミー。このお尻を犯すことができるのかと思うだけで、期待も興奮も高まってきた。サービスの抜群で、体を洗ってもらった後にフェラしてくれたのだが、ここで発射してしまうと後のお楽しみ時間がなくなるのでベッドルームへ移動。

 まず最初は彼女に責めてもらうことにする。濃厚なキスを交わした後に、彼女に促されて四つん這いになって彼女に尻を突き出す。すると、尻穴の周りをなぞるように舌を這わせ、尖らせた舌先で穴を刺激。それだけで充分気持ちよくて勃起してしまった。

「こんなに大きくさせて、お尻の穴を責められるのが好きなの?」

 と、さっきの物腰の柔らかさは何処へやら。痴女っぽい口調で肛門を責めたてる彼女。そして、彼女がペニバンを装着。肛門とペニバンにたっぷりローションを塗って、ゆっくりとアナルを犯し始めた。全身を貫く激しい衝撃。ゆっくりピストン運動されると、今までに感じたことのない異物感と女性に犯されているという屈辱感に、下半身も異様なまでに興奮。そこに彼女の手コキが加わり、凄い勢いで射精してしまった。

 次は彼女を責める番なのだが、復活するまで時間がかかるだろうなと思い、時間延長覚悟で彼女のオマ⚪︎コからお尻の穴まで唾液まみれにして舐めまくり、両方の穴をホジホジしてやる。ところが、彼女の献身的なフェラによってみるみるうちに息子が復活。そこで、頃合いを見てゴムを装着してアナルに挿入。入っていくときの強烈な締め付け感が堪らない。そうして、時間を延長することなく彼女のお尻の穴で二発目を発射。

 ある意味、アナルファックは男と女が同じような刺激を味わえる唯一のプレイといえるかもしれない。差しつ差されつの関係もなかなかいいものである。