山梨甲府で顔を見て選べる本番サロンを発見!

山梨甲府

 新宿からならば特急あずさで1時間半。山梨の甲府には今もなお本番サロンが息衝いているという。甲府駅前は地方都市独特の微妙に静かな雰囲気だが、タクシーを走らせること約3分の風俗街の中央1までやって来ると、ポン引き、客引き、立ちんぼの姿が確認できる。

 風俗街は一画に密集していて、居酒屋横丁を挟んで西側の通りにはアジアン、東の通りには日本人の店が多い。ニュー銀座街では本サロの客引きが「お兄さん、お兄さん」と声を掛けて来た。甲府の御手前はいかがなものかと思ったら、

「とにかく顔見せしますよ」

 この自信はタダモノではない。誘われるままに店に入ると、いきなりテーブルを囲んで女のコ達が座っていた。料金は45分1万4千円。

 22歳の嬢をセレクトしてプレイに移ると、着痩せするタイプのようで、服を脱いだら想定外のEカップ乳。おまけに乳首が敏感で「あんっ、あんっ」と喘ぎながらパイズリしてくれる。パイズリとフェラがやたら上手いと思ったら、勃ちの悪い酔っ払い客が来た時の必殺テクらしい。

 思わずパイズリでイキそうになるが、あくまでメインは挿入だ。正常位でハメると…

「あっ、そこダメ! イクっ!」

 ウソかホントか、まだロクに腰も動かしていないのにアソコをキュッと締めてきた。

 顔見せの時は大人しそうにしてたクセに、甲府の女のコはかなりのむっつりスケベのようだ。