変態客とのプレイ、嬢同士のイジメ 現役嬢が語る知られざるフーゾクの裏側

名古屋ヘルス

 日本最大のヘルス地帯と呼ばれる名古屋。現在もファッションヘルスからデリヘルまで、数多くの店が乱立し、サービス競争を繰り広げている。それだけに客の要望とあらば、ゴックンや放尿などの過激サービスも当たり前のように行なわれる。

「お店同士の競争もありますけど、女のコ同士の競争も激しかったです。ある程度サービスが良くないと、指名がとれないんですよ」

 と話すのは、名古屋のヘルスで働いていたという美羽さん(28歳・仮名)。結婚するまでの19歳から24歳までは名古屋の某ヘルスに在籍しており、現在も人妻デリヘルに勤務している。

 風俗で安定して稼ぐためには、多くの指名をとることが必要不可欠。そのためには他の女のコにはないサービスをすることも求められる。

「私の場合、ゴックンは必ずしてあげてました。お客さんが多い時なんかだと、精液でお腹がタプタプになっちゃうくらい(笑)。あとは内緒で本番させてあげたり。これは1日でだいたい3人くらい」

 しかし美羽さんにとって、ゴックンや本番はそれほど苦痛を伴うものではなかったという。それよりも彼女が苦労したのは排泄行為だ。彼女が在籍していた店には、入場料の2000円にプラス3000円で入れる「特別待ち合い室」というものがあったという。20畳ほどの広さで、その真ん中にガラスのお立ち台が置かれた部屋。実はこのお立ち台がトイレになっており、部屋に招き入れられた20人ほどの客が女のコの排泄を鑑賞できるというシステムになっていた。

「お立ち台の真下に和式便器があって、スポットライトで上と下から照らされている中、オシッコやウ○コをするわけです。お店から出る手当は、オシッコ5000円、ウ○コ1万円でした」

 ちなみに店には特別待ち合い室以外に、女のコが入れるトイレはない。仕事中に用を足そうと思えば、強制的にここでするしかないのだ。

「入店時にこのことを説明されるので、女のコは人前で排泄することを一応覚悟ができているんです。でも、実際に10人くらいの前でやろうとすると、さすがにキツイですよね(笑)。とくに新人のコだと、オシッコを我慢したり、プレイ前後のシャワータイムにこっそりしちゃうようでした。私自身もウ○コができるようになるまで、半年くらいかかりましたね」

 フェラはもちろん、パックリ開かれたマ○コを見せることさえ平気なヘルス嬢であっても、排泄行為はさすがに別。とくに大勢の人の目に囲まれて…という状況では、恥ずかしさも倍増だ。

「新人でいきなりできるコは少ないですね。私は慣れてきたら、休憩時間中にジュースやお茶をいっぱい飲んで、手当目当てに1日4~5回、オシッコしてましたけど」

 また、店では特別待ち合い室のシステムを利用したイジメなどもあったらしい。

「新人や態度の悪い女のコには、そのコの飲みかけのペットボトルに、そのコのプレイ中に下剤を仕込んでおくんです。で、ウ○コせざるを得ない状況にもっていくという…。泣きながら漏らしてるコをたまに見ました」

 もっとも、そうした場面は客に大ウケ。平気な顔でするウ○コより、恥ずかしがったり、泣きながらだったり、オナラ混じりだったりのウ○コがより喜ばれたそうだ。

 1対1ならたいていのことはできるヘルス嬢でも、大勢の前での行為は、ウ○コに限らず、恥ずかしくなることがある。美羽さんは研修の実技指導で恥ずかしいと思ったことがあったという。

「新人研修やフォローアップ研修で、お店の従業員や店長、オーナー、他の女のコの前で演習したり、実技指導を受けたりすることがあるんです。でも、そういう時ってすごく緊張するし、そのぶん、身体が敏感になるんですよね。で、相手が上手い人だとついつい反応しちゃって…」

 周りは冷静にプロとしての目で見ているのに、自分一人だけ勝手に盛り上がってしまうわけである。周りが女優が感じるように盛り上げて、男優がきっちり射精まで行なうAV撮影よりも、確かに恥ずかしさは増すだろう。

「自分も冷静になろうとすればするほど、感じちゃう。あの時は穴があったら入りたいって思いましたね(笑)」

 一流のヘルス嬢は、並大抵の神経ではなれないのかも。