行楽の秋は旅行会社が主催する格安ツアーで男に飢えた奥様たちが男狩り!

人妻バスツアー

 秋の紅葉&行楽シーズンは旅行会社は超多忙期。しかも〝ワガママ無礼な〟観光客たちも多く、引率する添乗員にとっては魔のシーズンなのだという。中でも最悪なのが30代~40代の人妻グループんなんだとか。

 旦那の目がないとあって旅行中ハジけまくり。バス内でも〝男の話〟を大声で喋りあい、下ネタ連発。他のお客さんがうとましい視線を送っていても一切無視。日頃の欲求不満を発散するように行楽ツアーでハメを外している人妻たち。

 だが、騒いでいるだけならまだマシ。大手旅行会社に勤務する旅行添乗員が遭遇した人妻たちの生々しい浮気現場の様子を語ってくれた。

「30代の3人組の人妻グループでした。格安ツアーだったので、夕食は宴会場。うちのツアーとは関係のない、他の旅行客も一緒でした。で、彼女たちは社員旅行で来ていた土木関係の男性たちと食事のとき、仲良くなったみたいです」

 だいぶお酒も飲んでいるようで、彼女たちは7~8人はいたガテン系オヤジたちの席に近づいて、和気あいあいと盛り上がっていたという。

「寝る前に添乗員はお客様の部屋を回って挨拶するんですが、彼女たちの部屋から男性の声も聞こえてきたんです。おそらく、酔った勢いで彼らを部屋に連れ込んだんでしょうね。鍵もかかっていなかったので、万が一トラブルでないことを確認するため、こっそり入り口のドアを開けると……」

 部屋の中から聞こえてきたのは

「次は、俺のも舐めてよ」「んぐぐう~」「アアン、すごいっ! また出ちゃう!」「おーおー、また噴いちゃったね、奥さん」

 などなど、まさに性の宴が展開されている最中だった。部屋の玄関で愕然としていると、あろうことか、トイレに向かおうとした一人の男性に見つかったという。そして、

「あれ~、誰かいるよ~。もしかして添乗員さん? 覗いたらいけないなー。こっちにきなよ、みんなで楽しもうよ」

 と、手を引っ張られそうになり、慌てて逃げたとか。

 そして翌日、人妻たちから「アンタ、昨日覗いていたって? もし、誰かに報告したら、うちらもアンタが客の部屋に無断で入ったことも言うからね!」と脅されたという。

 もちろん、そんなことを会社に報告したら面倒なことになるので、彼女の胸の内に秘めているという。

 人妻たちは「日帰り」ツアーへの参加率も高い。ちなみに「日帰り」ツアーは、お一人様もOKで、単独で参加する人妻も少なくないという。男性も単独で参加すれば、お互い一人身とあって、食事のときなど「一緒に食べません?」と相席できることもある。そこから連絡先を交換して、〝深い仲〟になれる可能性も大いにありそうだ。

 行楽の秋、紅葉狩りならぬ人妻狩り目的でバスツアーに参加してみるのもいいのでは?