もはや憧れの職業ではなくなった裸の裏バイトで生活費を稼ぐレースクイーン

かつては女性たちにとっても憧れの職業だったスッチーやモデルといった世界。しかし実際のところは言うほど稼げるわけでもなく、副業に精を出している女性も多いという。それなら彼女たちが実際にどんなプレイをしているのか体験してみたい。早速、記者は調査へと動き出すと、まずは裏事情に詳しいライターのD氏に話を聞いてみた。

「風俗店で現役○○をウリにする店はあるでしょ。ほとんどがニセモノなんだけど、中にはもちろんガチな職業婦人がいたりするんです、これが。表向きは華やかに見えるけど、お金には不自由してるんですよね。彼女たちってブランド物の服やバッグなんか必需品でしょ。モデルやレースクイーンなんか稼げるコは一握り。普通はバイトでもしないとキツイですよ。だから売れてる芸能人でもキャバクラ勤務経験がスクープされちゃったりするんですよ」

なるほど、売れない頃のモデルがキャバクラ嬢をしていたというのはよく聞く話だ。で、六本木の高級キャバの店長をしていたTさんを紹介してくれた。

「私のいた店はけっこう高級な店でしたから現役のモデルやレースクイーンの娘がいましたね。金に困って働き始めるんですけど、そのうち自分の友達を紹介してくれたりもしましたね。ただプライドが高い娘が多いのも事実で長続きしないんです。すぐに手っとり早く稼げるところに移って行くんですよ」

それが果たしてどういう業種なのか、というのが気になるところである。

「キャバクラって勤務時間が長いじゃないですか。だから短時間で稼げるところですよ。つまりカラダを使うってことですかね。お金を稼ぐ厳しさはキャバクラで分かるんですよ。だから一番の売り物を売らざるを得ないっていうか」

店長の話によれば、世間にバレなければ裏風俗で働いてもいいと言うコは多いそうだ。しかし実際のところ、本物かどうかを見極めるのは難しい。

「実際、本物の現役モデルやレースクイーンは高いだけで面白くありませんよ。変にプライドだけ高くてね。お勧めは出来ないですね」

聞くと料金は20万円ナリ。とても無理である。その値段は彼女自身がつけた自分の値段だそうだが…。お金さえあればレースクイーンやモデルとは遊べるのだ