AV制作の舞台裏に接近!AV女優プロダクション24時

AV女優

 ごくごく普通の女のコを“AV女優という名の商品”にして世の中に売り出す女優事務所のお仕事。だが、そこには様々な業務が含まれている。

「AV女優になりたい!」という女のコを見つけるための広告製作から始まって、実際の面接、面接をパスして所属女優となった女のコの宣伝材料(AV女優なら、着衣の写真と全裸のバストアップ、全身写真、それに簡単なプロフィールと年齢確認済みの表記、NG事項の表記が基本)を作って、AV制作メーカーやグラビア誌の出版社などに営業に回ったりもしなければならない。実際にAV出演やグラビア撮影が決まれば、女のコのスケジュール管理や、現場への送り迎えを含む立ち会いなども仕事の内となる。他にもクライアントであるAVメーカーなどがしにくい女のコへの指摘やアドバイス、例えば「喘ぎ声がウソっぽいよ」「もうちょっとエロい顔しなよ!」なども含まれる。

 事務所の人間と深い仲になる芸能人は多い。だから、AV女優事務所の人もAV女優とヤリまくっているのでは…と思っても不思議ではない。完全に無いとは言い切れないが、少なくとも表向きはゼロである。

 事務所にとっては、あくまでAV女優=商品である。公私混同などはもっての他、女のコを商品として割り切って見ることができない真性スケベ男には向いていない。そういう夢を持つ男性は、AV制作メーカーを目指す方が早道だ。

 最近では安易な気持ちでAV業界入りしてくる女のコが急増している。「ラクして稼ごう」と思っている女のコたちの相手をするのは、並大抵のことではない。日々重度の勘違い女たちと付き合うことになれば、いくら好きでも嫌気がさしてくる。

 とはいえ、やはり憧れのAV女優の一番近くにいて、表も裏もその全てを見る事ができるのは、このお仕事だけ。それは、好きな人にとっては何ものにも代え難い喜びになり得るだろう。