5000円で清楚OLを疑似レイプ! 渋谷の激安ハプニングバーは凄過ぎる!!

ハプニングバー画像

 渋谷に単独男性でも5000円で遊べる激安ハプニングバーがあると聞いて潜入してみた。場所は渋谷のラブホ街。教えられた雑居ビルの一室には看板もなく「会員制」と書かれたプレートが張られているだけ。緊張しながらインターホンを押すと「いらっしゃいませ~」と、明るい女性の声が。「○○の紹介なんですが…」と、情報提供者の名前を告げるとスンナリとドアを開けてくれた。

「料金は前払いで5000円です。入会料はいりません」とママさん。普通、この手の店は単独男性の場合、安くても1万円はするのにこの店は超破格だ。

 店内は10人くらい座れるバーカウンターと5人ほど座れるボックス席がひとつ。ボックス席では中年男性と20代の女性がいちゃついていた。カウンターには女性がひとりで座っていたので、ドキドキしながら隣に座る。

「ここはよく来るんですか?」と声をかけると「たまにね」と怪しい笑みを浮かべる。逆に「初めてなの?」と聞かれて「ハイ」と冷静を装って答えた。しばらく雑談すると彼女が「いま、隣の部屋で学校の先生が大変なことになっているわよ」と指差す。

 彼女に促されて覗いてみるとアラフォー女性が3人の男に責めまくられていた。「こんな姿、生徒には見せられないよな、先生」「この淫乱教師」と男たちに罵倒されながら、女性はチ○ポを咥えさせられオマ○コを舐められていた。驚愕の光景を言葉もなく見入っていると、カウンターの女性が中年男と別の部屋に入って行った。あわよくば彼女と…と思っていたのでガックリ。いったいどんなことしているのか、気になって覗いてみると、そこには下着一枚の姿で縛られている彼女が。男はどうやら縄師のようだ。男が手招きして「この女、好きにしていいですよ」と耳打ちされる。彼女に目をやると、潤んだ目で「ちょうだい」と口を半開きにした。

 誘われるままに、パンツを脱いで半勃ちの肉棒を彼女の口に押込んでやった。頭を抱えながら口の中で硬くなった肉棒を彼女の喉奥に突き刺す。ときおりむせながら、ヨダレを垂れ流して肉棒を咥え続ける彼女。どちらかというとMなのだが、このときばかりはドSになって彼女の口を犯し続けたのだった。